リサイクル法を知って利用しよう

リサイクル法が制定されてから、家電製品などを回収して欲しいと言う場合は私達が料金を負担して回収をしてもらうというスタイルになりました。
今ではその認識も随分と浸透してきたかと思います。
不用品回収を依頼するにおいても、リサイクル法は大きく関係してきます。
料金に関してですが、本体テレビなどで5980円から・冷蔵庫9090円などという金額については法律で制定されている金額です。
家電メーカーなどに回収をお願いするという方も多いとは思いますが、処分に困っているという方もいらっしゃるかもしれません。
http://ecoz.jp/自治体においては、このようなときのために回収店舗を教えてクレたりリサイクルについて指導してくれる協同組合などがありますので連絡をしてみると良いでしょう。
また、民間の不用品回収を行っている業者に置いても引き取ってくれることがあります。
この場合、先のような金額のみというわけではないことも。
例えば、収集の際の運搬費用・不用品の家電の重量などにおいて加算されるという事も。
トータルとして高くなってしまうという事もありますからどの方法がベターか比較検討をしてみると良いでしょう。
中には少し金額を割安にしてくれるなどというところもありますし買取ということをしてくれる場合もありますが、リサイクル法で定められている品目に関しては「基本的に料金を支払うことになる」という捉え方をしておいたほうが安心です。
リサイクル法についてもっと詳しく知っておきたいなどという場合は、国ですと「経済産業省」の管轄になりますのでそちらの公式ホームページなどを見てみると良いでしょう。
分かりやすい言葉でまとめてくれている情報サイト(http://www.dowa-ecoj.jp/risk/2011/20110106.html)などもありますから活用してみましょう。
不用品回収を依頼するとき、これらのものが1つでも含まれて要るようでしたら必ず伝えるようにしましょう。
なお、自治体においては回収は出来ませんのでその他の方法をチョイスして処分してください。

関連記事:

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫